園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 2016年9月
Q&A

子育てQ&A

先輩パパママや専門家が、子育てについての悩みにお答えします。

2016年9月

子育て娘はパパの事が大好きなのですが、最近パパをたたいたり、あいさつ しなかったりと反抗的な態度を取ります。でもパパがいないときは さびしいようで、「パパは?」と何度も聞きます。もっとパパに対する 態度を直して尊敬してもらいたいのですが、どうすればいいでしょう(2歳のママ)

2歳前後の子どもは分かりにくいですね。おそらく本人も困っているのだと思います。自分の思いはあるのに、それを表現する方法(言葉)が少ないのですから。
さて、娘さんのことですが、この頃の育ちとしては、とても自然な姿です。こうした行動の背後には、自覚はないにしても「何を言っても、どんなことをしても、パパが自分を嫌いになることはない」という確信があるのだと思います。つまり、この「反抗的な態度」は、親しい大人にだけ見せる姿なのです。ある種の甘えや依存であり、安心しているからこそ「反抗的な態度」をとれるのです。
こうしたことは乳幼児期にはよくあります。隠れるのは不安だが、見つけてもらうのがうれしい「かくれんぼ」、高く上げられるのは怖いが、親しい大人がしっかり受け止めてくれるので安心な「たかいたかい」、一人だと怖くて聞けないが、大人の膝でなら安心できる怖いお話。これらは依存しながら自立する子どもの発達のメカニズムを示しています。自分から冒険したり、自立するためには、困ったら間違いなく助けてくれるという安心(依存)が必要だということです。
ですから、娘さんがパパのことが大好きなのは間違いありません。パパをもっと好きになってもらうには、以上のような考え方を理解することに加えて、家族がパパのことを肯定的に見ることです。その様子を娘さんが見ることで、さらにパパのことを大好きになると思います。私も家族からそう見てもらえるとうれしいのですが…。

201610_qa_img

●アドバイザー
児嶋 雅典先生
松山東雲女子大学人文科学部
心理子ども学科子ども専攻
小学校の教師になるつもりが、
保育の面白さに気づいてすでに30年。
今も保育は全ての教育の基本という思いは変わらない。