園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 2015年10月
Q&A

子育てQ&A

先輩パパママや専門家が、子育てについての悩みにお答えします。

2015年10月

子育てマイペースな娘はなかなか次に行動を移してくれず、毎朝の準備に2時間以上かかってしまいます。小学生になった時が不安です。どのようにリードすればいいでしょうか?

私たちは、赤ちゃんが誕生したときはそれだけでうれしくなります。それが子どもの成長とともに子どもへの要求が多くなります。もっと優しい子になってほしい。もう少しお利口であってほしい。学校の成績が優秀であってほしい。スポーツが上手であってほしいなどと。
子どもの成長についての満足感の国際比較調査があります。日本の親は子どもが大きくなるにつれて満足度が低くなるのに対し、外国の親はその逆なのです。それは他の子どもと比べたり、親の期待感から子どもを評価することが原因のようです。
さまざまな個性や育ちがあって当然です。他の子どもと比べる必要はありません。ゆっくりの子どもさんには、そのゆっくりを尊重する気持ちが大切です。いつでもご両親には子どもの味方であることを伝えてほしいのです。そうした気持ちで接していると子どもさんは安心して育つことができるからです。
優しかった親が自分を困った目で見るようになると、子どもさんはどう感じるのでしょうか。
ご両親の気持ちを暗くしてしまう自分の存在をよろこべなくなりますし、萎縮して自信をなくし、実際の力が発揮できなくなります。リードの仕方というより、子どもさんを優しい目で見、そのゆっくりを尊重することです。

E09

●アドバイザー
児嶋 雅典先生
松山東雲女子大学人文科学部
心理子ども学科子ども専攻
小学校の教師になるつもりが、保育の面白さに気づいてすでに30年。今も保育は全ての教育の基本という思いは変わらない。