園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 2015年3月
Q&A

子育てQ&A

先輩パパママや専門家が、子育てについての悩みにお答えします。

2015年3月

子育てお金のトレーニングを始めたいと思っています。金銭感覚を養うために、 どんなことから始めたらよいでしょうか

確かに幼児期からお金の大切さを教えることは大事だと思います。
子どもは幼稚園や保育園での集団生活を通して、物の貸し借りやお店屋さんごっこなど、遊びの中で自然と「物の価値」について学んでいきます。そうしたやりとりから自分の持っている物と相手が持っている物が同等の価値かどうかを判断する基準、いわゆる「価値の尺度」が養われていきます。

小さなお子さんであれば、まずお金のおもちゃを与える等して、何とお金を替えることが出来るのか、お買い物ごっこを交えて始めてみてはどうでしょうか。幼稚園や保育園の年長さんぐらいになってくると、お年玉や誕生日のお祝いなどで本物のお金をもらう機会が増えてくると思います。しかしせっかくもらったお小遣いやお年玉を全部使い果たしておもちゃを買ってしまったなんていうエピソードをよく耳にします。
そんな時はまず“買う前に止める”よりも「本当にそれでいいの?」などと買う前によく念を押して、その後、例え失敗すると分かっていても黙って見守ってあげることが大切です。
そうした失敗から、次に欲しい物があった時のために我慢しようという気持ちが育ってくるものです。また日頃から、お手伝いなどをさせて、与えたお金を貯金させる習慣をつけることも良いと思います。定期的に貯金箱の中身を数えて、増えたお金を実感させるとモチベーションも上がると思いますよ。

スクリーンショット 2015-03-19 17.52.59

●アドバイザー
髙橋洋行先生
松山東雲短期大学保育科講師
幼稚園教育実習、保育者論などを担当。専門は教育学。
愛媛県のB級グルメ探訪が趣味。1児の父。