園児とママのための情報誌 えんじぃな

instagramfacebook
  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 大人からすると、「どうして?」と感じる行動も、子どもには理…
Q&A

子育てQ&A

育児・子育てに関する心配や悩みについて、専門家がお答えします。

子育て大人からすると、「どうして?」と感じる行動も、子どもには理由があります。 子どもの気持ち・行動を考えながら、大人はどう接したらいいのか? 山本万喜雄先生にお話を聞きました。

 

きょうだいゲンカの効用を胸に見守る

 おもちゃの「所有」をめぐってのきょうだいのバトルですか。親としては気が休まらない大変な場面だと思いますが、かつて経験したことのある私には、素敵な家族風景に見えます。
幼い子どもたちのきょうだいの関係は、一面ではケンカし合う関係です。でも、心配しながら見守ってくれる人がそばにいて、安全にやりとりできる場所の中で安定した関係があるからこそ、ケンカという名の自己主張がお互いできるのです。
S・Kさんのお便りでは、「所有」をめぐる争いだけ書いてありましたが、遊びの「順番」をめぐる争いも盛んになることでしょう。そんな時、親が下手に仲裁に入るとますます紛糾するから大変です。「いつもお兄ちゃんのぼくばかりしかられる」と不公平を口にするかもしれませんね。
こうしたケンカの中で、子どもたちは満足感であったりくやしさ感をたっぷり味わいます。しかし、こうした経験を重ねる中で子どもは、くやしいけれども待つことができるというように見通しを持ったり、次第に自分の感情がコントロールできるようになります。また、このくやしさ感の体験は、同じような経験をした他の子どもの気持ちの発見につながる機会にもなります。
このようにきょうだいげんかの効用をとらえながら、「ケガしない程度にやってね」と願いながら見守るのはいかがでしょうか。そのうちにきっと懐かしい思い出の一つになるに違いありません。人生の瞬間に訪れる小さな嵐は、母の愛で上手にやり過ごしてくださいね。子育ては健康が一番。どうぞお元気で!

 

スクリーンショット 2019-02-06 19.14.40

●アドバイザー
山本万喜雄先生
愛媛大学名誉教授
聖カタリナ大学教授
人間健康福祉学部健康スポーツ学科。専門分野は健康教育学。
長年、地域に根ざした子育て支援活動に関わっている。

子育てに関する疑問質問はこちらから