園児とママのための情報誌 えんじぃな

instagramfacebook
  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 娘のやりたい気持ちを達成させてあげたいのですが、少しでもつ…
Q&A

子育てQ&A

育児・子育てに関する心配や悩みについて、専門家がお答えします。

子育て娘のやりたい気持ちを達成させてあげたいのですが、少しでもつまずくと、泣きわめき、再びチャレンジする事なくやめてしまいます。 アドバイスを聞く気もなく、自己流でやって結局できずに終わり…。 諦めずに上手くやれた時には、いつも以上に褒めたりしますが…。再チャレンジする気持ちやアドバイスを聞こうとする姿勢は、これから育っていくものでしょうか…。

 

失敗は成長のもと。的確なことばとタイミングを

子どものためと思って、一生懸命やるのに、その気持ちが子どもには伝わらずイライラしてしまう、そんな子育ての様子が読みとれます。そんな時、どうするか。
ママ友に聞いてみたことがありますか?「愛するって耐えること」。昔そんな歌がありましたが、子育ても同じだと思います。お子さんのやることを黙って見守り、聴きとられるよろこびをたっぷり味わわせてくださいね。

子どもの育ちは、転びながら転びながら、転ばなくなります。まさに失敗は成長のもと。失敗体験こそ、能力獲得のプロセスなのです。自己流でも何でも自分
でやろうとすること自体が大切です。まず、その行為を認めてほしい。

次に、人のアドバイスを聞こうとする姿勢ですが、もちろんこの姿勢は育っていきます。できない時、お子さんは上手にできる友だちのやることをチラッと見ていませんか?これは自分もうまくやりたいという表現です。

昔から「啄同時(そったくどうじ) ※」という言葉が教えてくれるように、その時に的確な言葉があり、働きかけのタイミングがよければ、成功体験を味わうことが多いので、そんな対応をすると素直に聞けます。

お母さん自身の経験を振り返りながら、謙虚な気持ちでお子さんと育ちあうことを願っています。

●アドバイザー
山本万喜雄先生
愛媛大学名誉教授
聖カタリナ大学教授
人間健康福祉学部健康スポーツ学科。専門分野は健康教育学。
長年、地域に根ざした子育て支援活動に関わっている。

子育てに関する疑問質問はこちらから