園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. お盆休み
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育てお盆休み


先日の台風、松山すごい風だったようですね。
台風で高速が止まる前にと、私たちは金曜日の晩に実家へ帰省しました。

長男がソファの上で友達とふざけていて転倒し、
落ちた先にあった家具の角で運悪く後頭部を切って流血騒動。
救急病院にお世話になったかと思えば、翌朝次男が発熱で嘔吐したり
帰省後長男が原因不明の腹痛になったりと
台風を目前に我が家は病院三昧でした。

帽子がお似合いね(笑)

image

普段あまり病院に行かない方なのに
帰省先でも受診するよう言われたのもあり、
3日間で4つもの病院にかかってしまいましたが
二人とも翌日にはケロっと良くなり、台風と共に我が家の病気も一過!
長男の傷の経過も良いようで従兄弟たちと遊んでご機嫌の息子達でした。

私はというと、実家でのんびり〜のつもりでしたが
小学生の姪が「自分もお婆ちゃんちに泊まりたい!」と
言いだし子どもが3人に!!!
大変になるかと思いましたが、姪が長男の遊び相手になってくれたり
次男のお世話をしてくれたりと予想外に大活躍。
お姉ちゃんがいるとこんな感じなんだなぁと
女の子のいる家庭がうらやましくなりました(笑)

image

先月幼稚園で、救急医療受診講座というものを受けて
保健所の方に救急医療を受診する際の注意などを
教えてもらったことが今回少し役立ったので、参考になればと思い
印象の強かったこと、役立ったことをこちらに記しておこうと思います。

【救急病院受診の際の着替えの持参(子どもの着替えはもちろん、保護者の分も)】
実は今回病院で、抱っこした状態で息子が嘔吐し、
当然私の上半身も汚れてしまい、このことを強く実感しました。

【夜間診療は昼間より高額な医療費がかかる】
有難いことに乳幼児は窓口での自己負担(支払い)が無いため、実感がありませんでしたが、
実は私たちは保険料や税金で医療費の支払をしているのですね!
なのでできるだけ昼間にかかりつけ医を受診するようにとのことでした。
よく考えれば当たり前のことなんですが、
窓口負担が無いため、タダで診てもらっているように錯覚してしまっていた私は
この話はかなり目から鱗でした。

【小児救急電話相談の利用】
夜間早朝時に受診すべきか判断に迷ったら#8000に電話してほしいとのこと。
子どもの具合が急に悪くなると、焦ってしまいますよね。
専門の方に指示してもらえば、親も安心して対応できると思います。
私も利用しましたが、自分の判断で間違いないと確信が持てたので
電話して良かったと思いました。

【夜中に熱が出たときは、脇の下などの太い血管のある場所を冷やす】
おでこに貼る冷却シートはひんやりして多少気持ち良いけれど、
熱を下げる効果は期待できないとのことでした。
これを聞いてから38℃台の熱なら脇の下を冷やし翌朝まで様子をみることにしています。

 

頭の片隅にあると非常時の対応が変わってくるかもしれません。
今回息子がケガをしたとき、できるだけ冷静に努めていましたが、
やはり動揺もあり、全然テキパキと行動できませんでした。
後からああすれば、こうすればと反省しましたが、
母に長男がケガしたことを言うと
「男の子やもん、ケガすることもあるわね」
と言われ、少し気持ちが軽くなりました。
同時に、そうかこれは母親としての修行の始まりに過ぎないのかも
という気持ちになりました。

でもあんまり大きなケガはせんとってね〜!!

image

お盆休みに入った夫が遅れて帰省すると
母と一緒にこども達の面倒を見てくれるというので
久しぶりに友人とおしゃれカフェで楽しいひととき♪
でも話す内容はこどものトイレの話という悲しい母親の習性(笑)
同時にそのことに気付き二人で笑ってしまいました。
優しい夫と母のおかげで思いっきり羽を伸ばさせてもらったこのお盆休み。
松山帰ってからまた子育て頑張るぞー!

夫・長男(5歳・幼稚園児)、次男(2歳)
子育てを楽しむ専業主婦。特技はバームクーヘン作り。

えんじぃなメイトTOPへ戻る