園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 10歳からの手紙
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て10歳からの手紙


今日は、ハーフ成人、
10歳の娘からの手紙をご紹介♪

 

今は専業主婦の方が少ない時代になり、
保育園に預けて働くのも一般的です。

 

それでもやっぱり、
家にいた方がいいかなー、
寂しい思いをさせてるかなー、
毎日バタバタしてて悪いなー、
そんな気持ちで家を出ることはあります。

 

そんな私達に、娘からのプレゼント!
図工の時間に作った飛び出すカード…

 

CollageMaker_20190111_223948830

そう。
今や働くママ、家事をするパパ、
どちらも受け入れて自然に育っています。

 

確かに、保育園時代は、
行きたくない日、
給食を食べたくない時期、
そんなことが繰り返しありましたが、
過ぎてみれば、その時だけのこと。

 

もう少し小さい頃に、
お母さんが家にいて欲しいか聞きましたが、
お母さんが家にいる生活を知らないので、
比べられない、とのこと。
逆に言うと、マイナスイメージも
あまり持っていなかったです。

 

なので、ごめんごめんって過ごすより、
短い時間でもきちんと向き合って話したり、
毎日手作り料理じゃなくても、
お惣菜コーナーや平日外食も楽しんだり、
パパ不在日にこっそり温泉行ったり、
会社の残業や休日出勤に付き合ってもらったり、
パパに丸ごとお任せしてみたり、
いろんな出来事丸ごと楽しんで過ごしたいなー
と思います。

 

育児休業中、
延べ3年を専業主婦で過ごしましたが、
時間が長くても密度の薄い日は多々ありました。
そのときは掃除の回数が増えたり、
家事を丁寧にしたり…、
でも復帰して回数を減らしても手抜きをしても
子どもからクレームが来ることはなく、
それなりで大丈夫なんだと、思います。

 

さらに、パパが失敗することも大切です。
それで夫婦が協力できるようになります。
ご飯を作り過ぎたり、買いすぎたり、
怒り過ぎたり、甘やかしすぎたり…
ママにはあるあるですが
パパも自分で考えてやってみることが
大事だと思います。
そのときは口を出さずに、ね。

 

子ども達は、ママの失敗もパパの失敗も
丸ごと受け入れていて、
両親のことをとても理解していて、
大事に考えてくれています~。

 

※本当は忙しいと思ってて欲しくないし、
子どもの為だけに働いているわけではないから、
これは何とか改めたいなー

夫・長女(10歳・小4)、次女(7歳・小1)、長男(4歳・保育園年少)
新卒で入社した会社に勤務。3回の産育休を経て正社員を続け、短時間勤務制度も活用中。歴史めぐり、焼き物めぐりの旅行や読書が好き。マイペースな楽天家で、細かいことは気にしない性格。

えんじぃなメイトTOPへ戻る