園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 小児科選び
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て小児科選び


小児科選び、みなさんはどのようにしてかかりつけ医を選びましたか?

私は自分があまり病気をしないので、病気に対する感覚が鈍いんです。たぶん・・・

 

長男は「風邪を引くと咳込むタイプ」とずっと思っていました。いつも行っていた小児科では、咳が出ると貼る薬と飲み薬を処方してくれました。そのときそのときでこちらが先生に言った症状を緩和する薬をいつもくれました。でも、何かの検査をされたことはないし、病名を言われたこともありませんでした。

先月、空手のお母さん仲間から「いろいろ検査もしてくれるし、行ってみたら」と薦められた小児科に行ってみると、採血したりレントゲンを撮ったりし、結果「喘息」と言われました。「なんでこんなになるまでほっといたの?」と言われ、落ち込みました。

 

「風邪を引くと咳込むタイプ」ではなかったのです。「喘息の発作」だったのです。もう長男に申し訳なくて涙が出そうでした。症状が出たらちゃんと病院に行っていたけど、あれは何だったんだろう。近いし、待ち時間も少ないし、先生も優しいいつも行っていた小児科は何で気づいてくれなかったのかな~と。。。

その後、何日か吸入で通い、症状も落ち着いてきたので看護士さんに「いつまで来たらいいですか?」と聞いたら「良くなったらもういいですよ」と言われたので、1週間ほどで病院に行くのはやめました。

 

そして、先週。

また咳込みだしたので、病院に行くと「なんで薬をやめたのか」と怒られました。「1年とか飲み続けないといけないかもしれないんだから、勝手にやめたらダメだ」と言われ、また凹みました。前回私が看護士さんに聞いた「良くなったら」の捉え方が間違っていたのでしょう。何といっても先生に相談しなかった私が悪いのです。

長男はその日、そのまま点滴3時間。咳以外は元気な長男は、パパに持ってきてもらったオセロをしたり絵本を読んだりして初めての点滴を苦痛なく過ごせたみたいで、それが救いでした。

IMG_5335

これからしばらくは病院通いが続きそうですが、きっちり治ってくれるように私もしっかりしなくては!!

 

小児科に限らず病院を選ぶって本当に難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

夫・長男(5歳・幼稚園児・年長)、次男(2歳・幼稚園児・2歳児クラス)
子育てをしながら、主人の実家の商売を手伝っています。毎年、松山まつりの野球拳で子どもと一緒に踊っています。

えんじぃなメイトTOPへ戻る