園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 長女運動会。
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

行事長女運動会。


皆さん、こんにちは。ハマダです。
今週に入って急に気温が下がりましたね。
せっかく治った鼻風邪がぶり返しそうです。
まあ、10月も半ばですから、いつまでも半袖を着ているほうがおかしいのかもしれませんが、急な気温変化には大人も子供も困ってしまいますよね。

先日、長女の運動会がありました。
9月に入ってから体操服登園がはじまり、毎日ダンスや応援の練習をがんばっていました。
帰宅すると、お昼寝をすることもしばしば。
年中の競走は障害走。穴をくぐったり、マットを超えたり。うちの子は大きいので一番最後のグループで走りました。
微妙に他の子に先を譲るようなそぶりがあることが気になりました(笑)優しいというよりも競争心がないのかしら。

ダンスでは、先生方が作ってくれたと思われる、かわいい衣装を着て、AKB48の「365日の紙飛行機」を踊りました。
「入場門と退場門の間のところで踊るよ」と言っていたのに、門とは正反対方向に隊形移動してしまいました(笑)全然違うやないか!
年中は午後の競技もあるということで、初めてのお弁当タイム。
義母が3段重に入った豪華なお弁当を作ってくれ、みんなで敷物を広げて食べました。
しかし、お昼用の場所取りを全く考えていなかったので、日の当たるところしか残っておらず…来年は競技前に確保するということを学びました…

園では、年長になると「鼓隊」があります。
長女の入園前の園内見学の際に当時の年長さんが練習をしていて、
「うちの子もあんなに立派に楽器の演奏やフォーメーションができるようになるのかな!?」と驚いたのが入園を決めたきっかけのひとつでもあります。
加えて、年長男児は組体操もあり、男児のママさんが「来年うちの子もあれをすると思ったら今から泣ける~」と言っていました。
確かに、競技をみていると、一年で体型も運動能力も変わっているのがよく分かります。
年長さんのかけっこやリレーなどは見ごたえがありました。アンカーの一つ前で、トップ争いの一人が転んでしまい、最下位に。競技後、転んだ子を慰めているクラスの子たちをみて心がじわっと温かくなりました。

去年の年少の時でも「こんなに立派になって…ホロリ」と思っていたので、来年がとても楽しみです。
でも、噂によると鼓隊はかなり厳しい練習を積むようなので…頑張ってほしいです。

なぜかバッティングフォームでポーズを取る娘。
2017-10-16_17.14.00

「砥部焼」の販売やイベント、研究、観光、広報などに10年以上携わり、退職後は砥部焼とレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってみたり…。30年来の広島カープファン。2017年6月に二女出産。

えんじぃなメイトTOPへ戻る