園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 愛顔っ子応援券
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て愛顔っ子応援券


皆さん、こんにちは。ハマダです。
台風18号、すごかったですね。
県内各地で避難勧告や避難準備情報が次々と出て、携帯電話のアラームが鳴りっぱなしでした。
幸い我が家周辺に被害はなかったのですが、よく考えると私一人で子ども二人を連れて避難するというシミュレーションをしたことがありませんでした。
避難用品も、赤ちゃんの時は普段から大きなマザーズバッグを用意していますが、5歳の子には何をどのくらい持たせたらいいのか…!
しかも大人用防災リュックに入れていた水や食料が賞味期限切れでした…
災害が起きそうになってから慌ててしまいました。
私、元消防団員なのに…いけませんね(^^;)。

さて、先日心待ちにしていたものが届きました。
「愛顔っ子応援券」!
DSC_0728

県HPより↓
平成29年4月1日以降に生まれた第2子以降のお子さんの出生世帯に、県内に本社又は本店、紙おむつ製造工場の拠点を立地する下記の企業の乳幼児用紙おむつ製品を、在住市町の登録店舗で購入する際に利用できる「愛顔(えがお)っ子応援券」50,000円分【1,000円券の50枚綴り】を、市町役場を通じて交付します。

私は松山市在住なので「松山市愛顔っ子応援券」をもらい、早速対象メーカーの紙おむつを購入してきました。
いや~、とっても助かります!愛媛が紙産業が盛んな県でよかった!
せっかくなので、券を使ってちょっと上質なもの(高いもの)を買ってみました。
長女の時から改良されている製品が多いので、あれこれ試しています。それもまた楽しい(^^)

そういえば、私は松山で子育てをしていますが、乳幼児連れで嫌な思いをしたことがないような気がします。
むしろ、見知らぬ人に親切にされる機会がよくあり、嬉しい思いをすることが多いです。
先日、二女を抱っこしたまま銀行に行くと、行員ではない女性が椅子を引いて座らせてくれました。
長女が乳幼児の時、抱っこをしながらスーパーで買い物カートを直していると、若い女性がさっと変わってくれたことがあります。
総合公園の道でベビーカーを押していると、エレベーターの場所を教えてくれたおじさんも。
「ありがとうございます」と言うと「いえいえ、大変なんは分かるけん」
私がモタモタしているから、見るに見かねて手を出してくれているのかもしれませんが(^^;)

殆どのママは経験していると思いますが、
「かわいいね」「癒されるね」
知らない人がそう言いながらわが子を覗き込んでくれたこと、ありませんか?
こんなとき、私は世界で一番幸せな母親だと思ってしまいます。
だんだん手が離れてくると、世界で一番ダメな母親だと思って落ち込むことの方が増えるのですがね(^^;)

「砥部焼」の販売やイベント、研究、観光、広報などに10年以上携わり、退職後は砥部焼とレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってみたり…。30年来の広島カープファン。2017年6月に二女出産。

えんじぃなメイトTOPへ戻る