園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 夏休みの自由研究(へー、そうだったの!)
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

その他夏休みの自由研究(へー、そうだったの!)


夏休みになり、都会に住む姪っ子たちが松山に遊びに来ました。
皆で外食。一通り食べ終わると、姪(小学二年生)がなにやらゴソゴソ・・・
袋から出したのは、コレ
IMG_1087
かき氷のシロップたちです!

どうやら夏休みの自由研究をここで行うらしい。
大人は目隠しをされました。 ↓こんな感じに(^_^;)
IMG_1088
このままかき氷のシロップを順番に飲んで、何の味か当てられるかを検証するらしい。
香りを嗅ぐのも禁止だそうです。

姪「これは何の味ですか?」
夫「うーん、イチゴかなあ」
で、〇×をノートに付けていました。

これ、知っている人も多いかと思いますが、
実はどの種類のシロップも味は同じなんです。
イチゴ、メロン、ブルーハワイなどの差を生んでいるのは
香料と着色料の違いだけなんですね。(味は一緒!)
だから、目隠しするとなかなか正解が分からない。
普段は見た目と香りによって脳が錯覚を起こして違う味に感じている・・・と言う検証でした。
(へー、そうだったの!)

夏休みの自由研究といえば、私、苦い思い出があります。
小学校の低学年の頃、当時仙台に住んでいた私は、
夏休みに松山の祖父母の家に遊びに来ていました。
そこで「セミの羽化」を自由研究の課題にしました。
セミの幼虫を捕まえてきて、羽化(脱皮)する様子をじっと観察。
スケッチブックに絵も文も丁寧に描き、なかなか良い出来でした。

が、二学期の始業式前日。
・・・スケッチブックが、ない!
どうやら松山に置き忘れたようで。
結局始業式には提出できず、訳を話しても、まるで宿題を忘れた子の言い訳みたいで(泣)

勉強は「やることに意味がある」とは言うけど、
やっぱりやった証拠がないとねえ・・・と実感した夏の思い出です。

夫・長女(6歳・幼稚園児)
学生時代はオーストラリアに1年間留学。旅行業や広告営業を経験し、現在はフリーランスで活動中。好きなことは読書、カフェめぐり、お菓子作り、そしてよく寝ること!

えんじぃなメイトTOPへ戻る