園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 3歳の娘は、もうおしゃべりをするし「○○したい」「○○が欲しい」…
Q&A

子育てQ&A

育児・子育てに関する心配や悩みについて、専門家がお答えします。

子育て3歳の娘は、もうおしゃべりをするし「○○したい」「○○が欲しい」 という要求も増えています。娘のあれが欲しい、これが欲しいという 願いをかなえることはできますが、何でも与えすぎてもいけないという 気持ちもあり、加減が分からず悩んでいます。どのような考えで、 受け入れたり、断ったりすればいいでしょうか?

 

安心感なくしてわがままなし

 買い物などに連れて出かけた時、ほしいものが目の前にあると、がまんできないのが3歳までくらいの子どもたちです。自分のほしいという気持ちを抑えるのがむずかしい子に、がまんさせようとするのは、かなり困難です。だから、あれもこれもほしいと、ねだられている質問者の困り感は容易に想像できます。

ところで、子どもと一緒に買い物に行くと、いつもあれがほしい、これがほしいという子に手こずっている母親がいました。その人は、買い物に出かける前に、おねだりしないと約束することを根気よく繰り返したそうです。子どもはこうした言葉かけによって、親の思いがだんだんわかってきたらしい。その2歳の女の子は、「あれかって、これかってっていわないからつれていって」
と言ったとか。実際にはなかなかがまんできなくても、自分でこのように言えるのは、本当にがまんできるようになる一歩手前です。

さて、「~ナラバ~ダ」「~ダケド~ダ」という因果関係や法則性を理解しはじめる3歳児。言葉による見通しがもてるようになると「~ダケレドモ~スル」というように、今ほしいけれどもがまんしようとします。これが「言葉で考える力」です。

見通しが持てるようになって待つことができる誇り高き3歳児には、小さな意思を発揮するわがままと上手につきあってくださいね。親への安心感があるからこそ、わがままっ子にもなれるのです。

●アドバイザー
山本万喜雄先生
愛媛大学名誉教授
聖カタリナ大学教授
人間健康福祉学部健康スポーツ学科。専門分野は健康教育学。
長年、地域に根ざした子育て支援活動に関わっている。

子育てに関する疑問質問はこちらから