園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 子育てQ&A>
  3. 保育園に通っていますが、お友達との関わり方は、親もとても考…
Q&A

子育てQ&A

育児・子育てに関する心配や悩みについて、専門家がお答えします。

子育て保育園に通っていますが、お友達との関わり方は、親もとても考えさせられる部分があると感じています。特に、お友達とケンカしてしまった時などは、親がどこまで介入してよいものでしょうか。ケンカすることで子ども達も成長していくのだと言い聞かせ、今後も見守っていこうと思いますが…。(3歳、0歳児のママ)

3歳になるとお友達との関わりが楽しくなり、その時の様子を言葉で伝えられるようになりますが、「ケンカ」の話は気になりますね。そんな話が出た時は、自分の言葉でその時の気持ちを言えるよう、アドバイスはちょっと控えてお子さんのお話をよく聴いてあげましょう。言葉にすることで気持ちを切り替え、自分なりの気づきに出会ったり、人のアドバイスに耳を傾け、お友達との付き合い方に見通しが持てるようになることもあります。
3歳という年齢を考えると、上手く説明できないことや、思いを上手く言葉にできないことも多いと思います。そういう時は頑張って聴きだすよりも、把握できた範囲の話や、お子さんの様子を園の先生に伝えてみましょう。お子さんが「ケンカ」ととらえていても、先生やお友達の出来事のとらえ方が違うこともありますし、意外に「ケンカ」というほど大げさな出来事ではないこともあります。先生もお子さんの思いを知ることで、その経験が活かせるようにお友達との関係 を配慮することも出来ますし、家庭での対応のヒントも伝えることができます。ぜひ、園の先生と気軽にコミュニケーションを取ってみて欲しいと思います。
「ケンカ」などお友達とのネガティブなかかわりも、お子さんの育ちのサインであり、きっかけでもあります。園の先生と協力しながら、上手に育ちの機会を生かしていけると良いですね。

201607_qa_img

●アドバイザー
青木弥生 先生
松山東雲短期大学保育科
准教授
専門は発達心理学で、保育所実習も担当。
子どもの育ちと一緒に変化・成長していく
パパママに関心を持っています。二児の母。

子育てに関する疑問質問はこちらから