園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. いつでも変われるチャンスがある
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育ていつでも変われるチャンスがある


image

先週、こどもたちと公園に行きました。
しばらく遊んで、そろそろ帰ろうか、という頃、
眠くなった次男をベビーカーに乗せて長男と歩いていると
「疲れた」と言ってベンチに腰掛けた長男。
今思えば自分がベビーカーに乗りたいアピールだったのかも。
それには気づかず休憩タイムと思って長男の横に私も腰をかけた途端、
長男はパッと立ち上がり、ダーっと駆け出して行ってしまいました。

休憩とばかり思っていた私は、えぇー!と思いながら後を追いかけたのですが、
ベビーカーをおしていたため、先を走る長男に中々追いつきません。
いつの間にこんなに速く走れるようになったんだろう…
追いかけながらそう思うと、
嗚呼、この子が私を必要として、一緒に遊んでくれるのは今だけなんだなと
どんどん小さくなっていく背中に寂しさを感じました。

毎日子育てをしていると、
今日と同じ日が永遠に続いていくような錯覚をしてしまって
早くいい子にしなくちゃと親ばかりが焦って
叱ってこどもとケンカして自己嫌悪になってという日々。
もちろん躾も大切なことだけど、私に今必要なのは怒ることなんかじゃなくて、
一回でも多く、この子と遊ぶことなんじゃないか。
今だってかなり手抜きな家事をしてるけど、
今よりもっとだらしない母親になったとしても
今はただ、こどもと遊べばいいんじゃないか。
「一緒にあそぼ」ってこどもが言ってくれてるうちは。
ちゃんとしたお母さんになるのはもう少し先まで待ってもらおう。
今はこの子を笑顔にすることを第一にしていきたい。
そんなことを思って遊んでいると、こどもの笑顔がいつにも増して輝いてみえました。
私の笑顔も、たぶん。

image

この子が今私に求めているのは、片付いた部屋でも、手の込んだご飯でもなく、
一緒に遊んでくれるお母さん。
そうは言っても、こどもたちを食べさせなきゃいけないし、
洗濯だってゴミ捨てだってしない訳にはいけない。
だけど、全部できなくってもいいやと思うようになって
すごく気持ちが楽になって、こどもと関わり方が変わりました。
そして不思議なことにこんなに気が楽になったのに、
こなしている家事量はほとんど変わってないのです。
急にいいお母さんに変身できる訳じゃない。
家に帰った途端、いつものガミガミ母ちゃんやってしまってます(笑)
でもこどもと遊ぶ時間が前よりほんの少し増えました。
まだ始まったばかりだけど、気付くだけでいつでも変わるチャンスがある、私はそう思います。

夫・長男(5歳・幼稚園児)、次男(2歳)
子育てを楽しむ専業主婦。特技はバームクーヘン作り。

えんじぃなメイトTOPへ戻る