園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 【最終回】支えられて
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て【最終回】支えられて


4歳新年中次女
週1回通っているスイミングを
ここ最近嫌がるようになって

 

 

いつも行きの車の中で
ブツブツ言っています。

 

 

「プールいやなんよ」
「いやなんだね」
「もぐるのくるしいんよ」
「くるしいんだ」
「鼻に水が入るんよ」
「水はいるよねえ」

 

 

 

ある日何も言わずに
プール行きの車に乗り
何も言わずにおりて
淡々と水着に着替え

 

 

さてプールに入ろうかと
整列している時にふと見ると
しくしく泣いているのです。

 

 

どうやら我慢していたようだ。
「プールいやだ」の
本質を探っておらず

 

 

気持ちに共感しているふりを
していたことを
申し訳なく思っていたところ

 

 

 

次女よりも少し背の高い女の子が
頭を撫でたりほおを触ったりして

 

 

とてもとても優しく
慰めてくれているのです。

 

 

 

実母をはるかに超えためんどう見。
こんなにも慈愛に満ちた
マザーテレサのような
こころ配りのできる幼稚園児が
いるとは。

 

 

 

いつもは次女をプールに入れたあと
長女の送迎に
外出してしまいます。
日頃の様子を
観察できてなかったことも反省。
この日は予定を調整して
スイミングを見学することにしました。

 

 

 

そういえば、長女が年少の時も
プールでお世話をしてくれた
女の子がいました。
ちょっと歪んだ
プールキャップを直してくれたり
髪をまとめてくれたり
肩を抱いてくれたり

 

 

毎回とてつもなく関わって
くださるので、
せめてお礼を言いたいと思い
長女に

 

 

「いつもお世話してくれてる子、
お名前はなんていうの?」

 

 

「え?」

 

 

「今日もプールで
髪の毛してくれた女の子よ。
お名前なんて言うん?」

 

 

「…知らん…」

 

 

プールの中の次女を見ると
相変わらずテレサ園児に
手をつないでもらったり
順番を譲ってもらったりしている。

 

 

次女もかなり気持ちが
ほぐれてきたようで
笑顔が見え出しました。

 

 

 

レッスンが終わり
プールから上がってきた次女に

 

 

「今日手つないでくれてた女の子
お名前なんていうの?」

 

 

「んーわからなーい」

 

 

 

似たもの姉妹。
わたくしもそんな子供でした。
いくつになっても
自分のことだけで精一杯です。
まわりの方々に支えられ
なんとか生きています。

 

 

 

 

 

えんじぃなブログの活動は
今回で最後となります。

 

 

 

書くことによってあっという間に過ぎて行く子供との時間の振り返りができたり

 

 

また、自分の無知無能を曝け出し
居ても立ってもいられなくなったりと

 

 

もの思う機会を
たくさんいただきました。

 

 

 

「ブログに書いてあったかるた
注文したよ!」

 

 

とか

 

 

「次女ちゃんの作品、
らしいー!って大笑いしたわー」

 

 

とか

 

 

「うちもセルフ散髪あったんよー」

 

 

など

 

 

いろんなメッセージをいただくことが
たいそうな励みになりました。

 

 

 

貴重なお時間を割き
読んでくださったみなさま
あたたかいメッセージを
くださったみなさま
ありがとうございました。

 

 

 

いつかどこかで恩返しが出来れば
いいなと思っています。

 

image

 

夫・長女(7歳・小2)、次女(4歳・幼稚園児)
新卒から広告の仕事を続けフリーランス8年目。趣味は旅行と読書と山芋堀り。現在7カ国語で自己紹介を練習中です。

えんじぃなメイトTOPへ戻る