園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 習い事…ピアノ
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て習い事…ピアノ


保育園や幼稚園になると、
習い事を考え始める方も多いのでは?

 

先月は娘たちのピアノの発表会でした。
がんばったご褒美に、某温泉家族風呂へ。
あいにく空きがプレミアム部屋で…
でーっかいぬいぐるみがお出迎え(^^)v

 

CollageMaker_20181105_230021199

 

ピアノは、レッスンの時だけではなく、
普段の練習が必ず必要です。
練習は、娘達だけでもできますが、
一緒にするのとしないのでは、
上達の早さが違います。

 

出来る限り練習に付き合おうと考えていて、
できるまで諦めない私と、
すねたり怒ったり喜んだりしながら、
発表会やコンクールに挑戦しています。

 

近所迷惑も考えてリミットは21:00。
19:30頃に帰ると、
自分のご飯もそこそこに、
練習につきあうことになります…
夫も、声かけやなぐさめ、送迎など、
バックアップで応援。

 

さらに先生も熱心で、
レッスンに同席できなくても
動画でポイントを送って下さったり、
練習動画にコメント下さったりと、
生徒さんのために指導して下さります。

 

そして、11月下旬のコンクール!
長女は初めての2日連続の日程、
次女は初挑戦の本選。
評価は相対評価ではなく点数がつく、
本番にどこまで発揮できるか…。
ここまで来たら見守るしかない。
幸い二人とも何とか入賞。

 

いろいろ書くと、大変そうかもしれませんが、
子どもは3シーズンもこなせば、
自分でメンタル含め
コントロールできるようになってくるし、
コミュニケーションという意味では、
親も一緒に関わる機会が多く、
密度の濃い時間が過ごせるように思います!

 

忙しいからこそ、
あえて同じ目標に向かう選択は、
私にはよかったと思います(^.^)

 

ただ、二人分になり、肉体疲労は×2。
同じピアノを習っても性格は別人。
それぞれにサポートの仕方が全く違い、
子育て同様、
その子にあったやり方を見つけるのが大変です!

夫・長女(10歳・小4)、次女(7歳・小1)、長男(4歳・保育園年少)
新卒で入社した会社に勤務。3回の産育休を経て正社員を続け、短時間勤務制度も活用中。歴史めぐり、焼き物めぐりの旅行や読書が好き。マイペースな楽天家で、細かいことは気にしない性格。

えんじぃなメイトTOPへ戻る