園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 流血事件
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て流血事件


幼稚園も小学校も現在
マスク着用を徹底しています。

 

 

幼稚園はバスの中では必ず着用
小学校も終日着用で
給食時以外は
歌を歌うときも
マスク着用だそうです。
使い捨てを毎日とりかえ
予備も鞄に入れておくことに
なっています。

 

 

 

 

そんな中集団登校時間
ギリギリで出かけた
6歳小1長女が
マスクを忘れたのに気づいたらしく
取りに帰ろうとしてつまずき
転んで額から流血する事件が
勃発しました。

 

 

 

 

 

同じ班の上級生男子たちが
家まで連れて来てくれたのですが

 
おでこから血が吹き出し
鼻の両脇をどんどん流れて行きます。
昔見たプロレスの
藤波辰巳の流血試合を
思い出しました。

 

 

 

怪我をして初めて気づきましたが
長女は泣いている顔が
闘っている藤波に似ています。

 

 

 

 

 

開院を待って
最寄りの整形外科へ行ったところ

 

 

 

「表面の処置はできるけど
中身を見たほうがいいよね?
脳神経外科に行ったら?」

 

 

 

とご教示いただき
最寄りの脳神経外科へ。

 

 

 

 

ここでまた
プロレスラーのような
マッスル先生が現れ
「ちょっと痛いよー」と言いながら
傷をゴシゴシ水拭きしてくださり
傷のサイズに合わせて
小さなハサミで
湿潤絆創膏を巧みにカットし
ぴったりに貼ってくださいました。

 

 

 

我々の幼少期は大抵
消毒とガーゼでしたが
「傷にはラップ」療法が
採用されていて嬉しく思いました。

 

 

 

 

次にMRIです。
先生が
「低電磁の磁石で撮るからね。
被ばくしないからね。」

と励ましてくださり
オープン型MRI装置に横になる長女。

看護師さんに
「10分くらいじっとしててね。
お母さんは動かないように見てて。
動いたらこれを握って」と
ピョンピョンカエルの持ち手に似た
空気入れを持たされ
風呂椅子に座らされ
我々親子を残し
みんな出て行ってしまいました。
監視役に任命されたようです。

 

 

 

 

 

かなり長く感じましたが
長女はピクリとも動きませんでした。

 

 

 

 

 

脳にも異常なく無事登校。

 

 

 

 

学び多い一日でした。

みなさまも外出時には
マスクをお忘れなく。

 

IMG_5562

 

夫・長女(6歳・小1)、次女(3歳・幼稚園児)
新卒から広告の仕事を続けフリーランス7年目。趣味は旅行と読書と山芋堀り。現在7カ国語で自己紹介を練習中です。

えんじぃなメイトTOPへ戻る