園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. えんじぃなメイト>
  3. 熱中症に注意~
えんじぃなメイト

えんじぃなメイト

えんじぃなの読者を代表するスペシャルサポーターのママたちのブログです。

子育て熱中症に注意~


皆さん、こんにちは。
このところ、暑い日が続いていますね。
私は新生児と一日中、部屋の中で過ごす日々を送っています。しっかり飲んで、出して、寝て、泣いて。気が付けば一日が終わってしまうという感じで、正直、日付の感覚がありません。
2017-07-14_17.10.14

この時期、大人も子どもも、熱中症と脱水に気を付けないといけませんよね。
我が家では、温度と湿度の調節にエアコンとサーキュレータ―を使っています。
あと、カーテンを閉めて日差しを遮るだけでも、室内の気温が全然違ってきますね。
最初は暗いのは嫌だなぁと思っていたのですが、暗さより涼しさ。リビングの照明もLEDにしたので電気代を考えずに、日中から照明をつけています。
しばらくは光熱水費が怖いことになりますが、体調を崩してしまっては元も子もないので、とりあえず快適に過ごせるようにしたいと思っています。
でも…エアコン生活を続けていたせいか、先週から咳が出て、かなりしんどかったです。
熱や鼻水などの症状は無く、咳だけ。
日中、新生児と産褥期を二人きりで過ごしている状態では病院に行くことも難しく、授乳のこともあったので、漢方薬(麦門冬湯)を飲んでしのぎました。

水分と塩分の補給も大切ですよね。
涼しい家の中では汗をかくこともないのですが、それでもこまめにお茶やスポーツドリンクなどを口にするようにしています。
何でこんなことを書いているのか…?
実は数年前、私の父が家の中で熱中症にかかり、救急搬送されたことがありました。
幸いにも回復しましたが、しばらく入院することになり、母や私たち子どもは色々と大変な思いをしました。
私の実家は父・母・祖母のシルバー世帯なので、エアコンの使い方を教えても、「扇風機かけて、網戸で風通しを良くしといたら大丈夫よ」と話を聞いてくれないことが多かったのですが、(というか使い方を覚える気がない)うるさがられても何回でも伝えないといけないなあ、と夏が来るたびに思います。

さて、来週から上の子の幼稚園は夏休みに入ります!
一ヶ月の義実家暮らしも終わり、自宅に帰ってきます。とはいえ、7月は預かり保育と課外授業があるので、ほとんど毎日園に連れていかなければならないのですがね(笑)
家族4人での生活…うーん、この睡眠不足の状態で大丈夫なのかしら…
楽しみでもあり、不安でもあり。

「砥部焼」の販売やイベント、研究、観光、広報などに10年以上携わり、退職後は砥部焼とレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってみたり…。30年来の広島カープファン。2017年6月に二女出産。

えんじぃなメイトTOPへ戻る