園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 特集:ここが気になる端午の節句 「どうして”鯉”なの?こいのぼりの…

ここが気になる端午の節句 「どうして”鯉”なの?こいのぼりのナゾ」

レイヤー 6

5月5日の端午の節句を前に、家やイベント会場で空に泳ぐこいのぼりを見る機会が増えてきます。
そもそも、こいのぼりとは何でしょうか? こいのぼりについて、調べてみました。
監修:日本鯉のぼり協会

1
男の子の立身出世を願って飾ります。鯉(こい)と立身出世が結びつけられているのは「登竜門(とうりゅうもん)」という、中国の古い話によるもの。黄河上流の「竜門」と呼ばれる急流を登りきった鯉が竜になるといわれているからです。
レイヤー 10

 

2
何匹と決まっていません。童謡『こいのぼり』には黒い真鯉(まごい)のパパ、赤い緋鯉(ひごい)の子どもたちが登場しますが、昔(江戸時代)は真鯉の1匹のみがあげられることが多かったようです。
現代は、真鯉はパパ、緋鯉はママ、そのほかの色は子どもたちとされ、ファミリーに見立てられています。時代とともに変化しているんですね。
レイヤー 11
3
こいのぼりの中には、人が乗っていたり、抱きついたりしているものがあります。この人は金太郎さんです。大きな暴れん坊の鯉を捕まえたことがあるという話にちなんで、鯉に金太郎さんが描かれていると言われています。

【金太郎さん】クマとおすもうをとるほど元気な子。大人になって、坂田金時(さかたのきんとき)という武士に出世。鬼の頭の酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治します。丈夫な子どものお手本になる人です。
レイヤー 12
4
こいのぼりの竿の先についているヒラヒラを吹き流しといいます。5色なのは、木・火・土・金・水を表し、5色がそろうと魔除けになるとされているほか、四神(四方をつかさどる神)と四神の長を表し、5色が幸運を呼ぶとも言われています。どちらも昔の中国から伝わった考え方です。
レイヤー 13
5
金箔で飾った丸いものは、回転玉(かいてんだま)と言います。天の神様への目印になると言われていた籠玉(かごだま・竹を丸く編んだもの)がもとになっています。「男の子がここにいます。おりてきてください」という意味でつけられているそうです。
レイヤー 14

6
よく見てみると、風車には矢の羽が付いています。これは矢を車輪状に取り付け、風を受けて回るようにした矢車(やぐるま)というもの。神社でお正月にもらう破魔矢(はまや)の例のように、矢は邪悪なものを射るシンボル。矢車も邪気を払ってくれます。
レイヤー 15


トップページへ戻る